会社設立する前と後の一連の流れ!

チェックリスト

独立して自分の会社を設立させたいと考えている人は多いですが、会社設立における一連の流れが分からないという人もいます。
一連の流れを把握しておくことで、自分が会社設立をするときにスムーズに手続が出来ますよ。
そこで、会社設立における一連の流れについて見ていきましょう。

・会社設立する前の一連の流れ!
会社設立する前はいろんな決め事や書類の作成、手続きなどを行わなければなりません。
手続きをスムーズに行うためにも、何から行っていけばいいのかを確認しておきましょう。

  • 1,商号の決定
  • 2,事業目的の決定
  • 3,発起人の決定
  • 4,取締役の選定
  • 5,資金の準備
  • 6,実印の作成
  • 7,定款の作成・認証
  • 8,資本金の払い込み
  • 9,登記の申請
  • 尚、1~5に関しては定款の作成で必要になります。
    定款の作成では会社の基本的なルールを定めなければならないので、具体的な事業目的や取締役会を設置するか否かも考えておきましょう。

    ・会社設立した後の一連の流れ!
    登記の申請を行い、書類に不備がなければ10日~2週間程度で登記の申請が完了します。
    登記の申請が完了した後は一連の流れに沿って、手続き等を済ませていきましょう。

  • 1,登記事項証明書の取得
  • 2,印鑑証明書の取得
  • 3,届出書の提出
  • 4,社会保険の加入手続き
  • 5,厚生年金の加入手続き
  • 尚、登記事項証明書と印鑑証明書の取得については法務局に行かなくても、郵送やオンラインで取得することが出来ますよ。
    社会保険や厚生年金などの手続きに関しては、社長1人であっても加入しなければならないので会社設立をした後は速やかに手続きを済ませておきましょう。
    しかし、社長の給与がゼロである場合は役員報酬が一定の額でもらえるようになってから加入するか、国民健康保険や国民年金に加入しなければならないこともあります。

    このように会社設立する前と後は上記の流れに沿って手続きを行っていけば、スムーズに手続きを完了させられますよ。
    会社設立する手続きはすべて自分で行うことも可能ですが、中にはすべての手続きを専門家に依頼する人もいますよ。
    会社設立する前は定款の作成で時間がかかってしまうので、いろんな準備をする前に商号や事業目的の決定を行っておいたほうがよさそうです。
    定款の作成をスムーズに行うことが出来れば、それほど時間がかからずに会社設立が出来るのではないかと考えられます。
    また、会社設立した後は届出書の提出を行わなければならないので、自分の会社は何の届出書を提出しなければならないのかを考え、期限内に書類の不備がないように届出書を提出しましょう。