会社設立ノベルティ

会社設立01

会社設立したあとにはノベルティを作って配るという方法もあります。
実際にやるかどうかは自由ですが方法としては知っておくといいでしょう。
しかしノベルティとはあまり聞いたことがない方も多いでしょう。
会社設立ノベルティとはどんなものかご紹介します。

これは何かというと宣伝などのために行われる記念品の制作と配布のことです。
どこかの企業やショップがサービスでちょっとした景品や商品をくれることがありますよね。
それらのことをノベルティといいます。

つまり会社設立ノベルティというと、新しく会社ができた記念に作り、お客さんや新規取引先などに配る記念品のことですね。
これを作る目的はもちろん、自分の会社のことを知ってもらうためです。
できたばかりの会社は一般的に知名度が低く、自分から宣伝していかないとお客さんや取引先が増えていきません。
そしてそのための宣伝の方法に決まりはありません。

そのようなときに使われる方法の1つがこの会社設立ノベルティとなっているのです。
宣伝のためにはチラシを配るという方法もありますが、できたばかりの会社に最初から興味を持ってもらえることは少なく、ただ宣伝するだけではなかなか効果が上がらないこともよくあります。
そんなときの方法として、ノベルティを活用するわけです。

これはちょっとした日用品を作ってそれを無料で配るという方法ですから、宣伝を受ける方にもメリットがあります。
ノベルティとして作るものは何でも構いませんが、それを作る費用もかかりますし、用途が限定されすぎる商品だと受け取られなくなることもありますから、ちょっとした日用品がよく選ばれます。

たとえばボールペンなど多いですし、一般消費者向けのノベルティならエコバックなども選ばれますね。
このような商品を作って無料で配るのですが、もちろんそれは自社の宣伝も兼ねているのですから、それらノベルティには自社の社名を入れておきます。
このようにして自社のことを広く知ってもらい、必要があれば利用してもらうのです。

会社設立ノベルティとはこのようなものです。
ただチラシなどを配るだけではなく、それを受け取る方にもメリットのある方法となりますから、広告を兼ねたその日用品などを受け取ってもらえることも多いですよ。
起業したあとに宣伝する方法の1つとして知っておくといいでしょう。

なお、この方法を使うなら起業直後に何か日用品などに社名を入れて配る必要があります。
そのためにはどうしても費用がかかりますから、これをやりたいならあらかじめ費用を計算しておくと安心です。