会社設立の登記に必要な書類

新しく会社設立するための書類と聞くと、素人が一人で用意するのは難しい気もしますよね。
しかし今の時代、インターネットがあるので大抵のことは調べることができます。
法律の専門家でなくても、自分で調べて書類を用意し、自分一人で会社設立を成功させている人も、じっさいにたくさん存在しているのです。
今回の記事でも会社設立登記で必要となる書類について簡単にまとめていますので、参考にしてみてください。

まず登記に必要な書類として最初に挙げられるのは「定款」でしょう。
定款には商号や事業目的、本店所在地などさまざまな会社の情報、取決めなどを記載します。
会社設立後も経営に大きく関わってくる可能性もある、超重要書類です。
故に定款は一つ一つの項目の書き方がとても重要になってきます。
もしも自信がなければ司法書士などの専門家に依頼するのがおすすめですが、法人成りで一人合同会社を設立する場合などは、書き方をインターネットで調べながら作成しても良いでしょう。
さらにパソコンがある程度使いこなせる人であれば、電子定款と言って定款をデータで提出することも可能なので、それもフリーソフトで作成できます。
印紙代4万円が浮くので、とても経済的です。

作成するにあたっておそらく一番頭を使うのはこの定款ですが、登記申請には他にもいくつかの書類が必要となります。
登記申請書、代表者の印鑑証明書、印鑑届書、払込証明書などです。
場合によっては代表社員就任承諾書、資本金決定書なども必要になることがあります。
印鑑証明書などはともかくとしても、ほとんどはインターネットで雛形をダウンロードできますので、十分に自作は可能です。
自分の場合に必要となる書類を調べて作成しましょう。

最後になりますが、書類の自作を検討するべきなのは、あくまでも「1人で持分会社を設立する場合」のみです。
株式会社や複数人数で立ち上げる持分会社、後々社員を雇う予定での持分会社の場合は、必要書類も増えますし定款の書き方もより高度な知識が必要になってきますので、司法書士などに作成を依頼した方が良いでしょう。