会社設立をするのなら固定電話の設置は必要?

会社設立

会社設立するにあたっては、定款認証・設立登記・銀行口座の開設など、様々な作業が必要になります。
その中で会社設立を検討している方が悩む事柄のひとつに、会社の固定電話の開設があるのです。

現在では、誰もが携帯電話やスマートフォンを利用するようになっているので、固定電話を準備する必要があるのか疑問になります。
また会社設立登記も携帯電話の番号で問題ないので、携帯電話だけあれば良いのではと必要性を感じない方も少なくないのです。
しかし、携帯電話が一般的になっている現在でも、ビジネス社会では固定電話の方が信頼度は高いといわれています。
例えば、ビジネスで初対面の人からも名刺をもらった時には、会社の住所や電話番号などを確認するでしょうが、そこに携帯電話の番号だけの記載なら信頼できるのかと不安になるのです。
ビジネスにおいて信頼できる会社かどうかを判断する材料として固定電話の設置という点があって、それにより事業の実態を判断されることもあるのです。
ですから、相手に不安や疑念を持たれることなく信頼されたいのであれば、会社設立するにあたって固定電話の設置は必要と言えます。

また、先にも触れましたが会社設立登記は携帯番号でも問題ないのですが、携帯電話番号が変わった場合には登記変更が必要になるのです。
会社設立登記は必要書類も多くて非常に面倒で、その面倒な申請を改めてしなくてはならなくなる可能性があります。
それから軌道に乗った時に会社用の固定電話番号取得を予定しているケースも同様で、登記変更が必要になるため最初から準備しておくことがおすすめです。
会社設立をする際に固定電話の設置が必要という理由として、金融機関で法人口座の開設をする際に必要になるというのもあります。
最近は法人口座を利用した振込詐欺があることから、法人口座開設の要件が非常に厳しくなってきていて、会社用の固定電話がないと口座開設ができないこともあるのです。
法人口座が開設できなければ銀行取引をすることができないので、実質的に会社を運営していくことが不可能になります。
最近はビジネスでも携帯電やスマートフォン、電子メールが主要な通信手段になっているのですが、固定電話がない会社は信用力がないと判断されて商取引が不可能になるのです。

このような理由から会社設立をするのなら固定電話の設置は必要と分かったけど、不在が多いので意味がないと考える方もいるでしょう。
しかし、外出中に事務所の電話を携帯電話やスマートフォンに転送できるサービスなどがあるので問題はありません。