会社設立の登記申請代行と委任状

そもそも登記申請というものは原則的に本人が行わなくてはならない手続きです。
会社設立登記に限らず、不動産登記などその他の登記も同様です。
しかし、どうしても忙しくて本人が法務局に足を運べないということは、ごく一般的にあることですよね。
会社設立の登記申請であれば、ちょうど会社設立にあたっていろいろと忙しい時期でもありますので、登記を代理人に依頼するというケースは珍しくありません。
そういった場合に必ず必要となるのが、やはり委任状なのです。
続きを読む →

会社設立登記と定款の記載事項

六法全書が国のルールブックであるとすれば、会社のルールブックは「定款」です。
定款には会社の基本的な情報から取り決めなどまで、多くのことを記載することができます。
もちろん国の法律に反するような内容は記載できませんが、定款に記した内容は会社独自の法律となると言えるでしょう。
そんな重要書類である定款ですので、記載する内容には細心の注意が必要となります。
続きを読む →

会社設立登記は司法書士のみ?

司法書士、行政書士、税理士、社会保険労務士、といった士業が、会社設立に関わる依頼を受けることの多い職業でしょう。
どの士業にもそれぞれに得意分野があるのですが、実際にどういった場合に誰に依頼すれば良いのか、迷ってしまいますよね。
結論から言うと、誰に依頼するべきなのかはケースバイケースなのですが、実際には司法書士と税理士に依頼する人が非常に多いです。
それは何故なのでしょうか?
続きを読む →

会社設立の登記に必要な書類

新しく会社設立するための書類と聞くと、素人が一人で用意するのは難しい気もしますよね。
しかし今の時代、インターネットがあるので大抵のことは調べることができます。
法律の専門家でなくても、自分で調べて書類を用意し、自分一人で会社設立を成功させている人も、じっさいにたくさん存在しているのです。
今回の記事でも会社設立登記で必要となる書類について簡単にまとめていますので、参考にしてみてください。
続きを読む →

会社設立の登記完了にかかる期間

法務局では、毎日たくさんの登記申請を受け付けています。
会社設立登記は「商業登記」に分類されますが、登記の種類はそれだけではありません。
財団法人、社団法人などの「法人登記」や、不動産の権利や所有権に関わる「不動産登記」などもあります。
さらに言えば船舶登記、成年後見登記、動産登記、動産譲渡登記、債権譲渡登記といった一般人にはあまり聞き馴染みのない種類の登記もたくさんあります。
つまり法務局は、毎日とても忙しいのです。
続きを読む →

会社設立登記にかかる費用

これは少し昔の話になってしまいますが、かつて会社を設立するためには多額の資本金が必要でした。
株式会社で1000万円、有限会社で300万円以上の資本金が必要だったのです。
しかし2006年に会社法が改正され、資本金は1円から会社設立が可能となりました。
もちろん現実的に1円の資本金で会社を設立しようという人はいませんが、そこまで多額のお金を用意しなくても会社設立することができるようになったのです。
続きを読む →